Hirano Mao

私は、ユニクロの柳井さんにとっての”佐藤可士和”や、宮崎駿監督にとっての”鈴木敏夫”のように、自分で決めて行動していくタイプの方々のお手伝いをしています。

お二人とも誰かに相談して何かを決めるっていうタイプではないですよね。じゃあ、彼らには本当に相談相手がいないかというと、そんなこともありません。あえて経営とはちがう土俵にいるデザイナーさんを壁打ち相手にしたり、自分のことを良く知りながらも絶妙な距離感にある人に意見を求めたり。そうやって主観と客観を行き来しながら、お仕事を進められています。

私のところにくるご相談は、経営やお仕事に関するものが比較的多くて、よくあるのは新たに事業を始めたり大きく方針転換する時、重めの商談や人事ごとを抱えている時などです。もちろん、節目でのお仕事の見通しについてご相談いただくことも。個人事業主の方だと、最近では不動産の購入や書籍の出版など、その内容は本当に多岐にわたります。

皆さん大体のことは自分で決めるタイプだからこそ、要所要所で客観的な視点も取りいれながら、思考を整理したり、決断の納得度を高めていかれます。私の仕事は、そんな方々にいつもとは違う視点でヒントや気づきにつながる情報をお伝えし、ご自身のチューニングの機会にしていただくことです。

易・風水との出会い

私が易や風水に出会ったのは2019年、いまの師匠(響月ケシー)による門下生募集の記事がきっかけでした。

そこには「人間万事塞翁が馬」という言葉とともに「何が幸で何が不幸かは簡単に判断がつくものではない。そしてそれは、人生の過程で起こる変化のほんの一つにしか過ぎない」といったことが綴られていました。

ちょうどその頃の私は、離婚、再婚、出産と立て続けに起きたプライベートの出来事に同じようなことを感じていて、自然と易をもっと深く学んでみたいと思い、門戸をたたきました。

不思議なもので、学びはじめるとさらに人生の歯車は加速してまわりだし、転職に転職を重ね築いてきた会社員としてのキャリアを終了させ、独立する流れがやってきました。

当時はまだ修業の身でしたが、この過程では、丁寧に立卦しながら主観と客観を何度も行き来し、決断のプロセスを進めていました。結果として、独立を考え始めてからほんの数ヶ月での退職だったのですが、易なくしてこんなに早く進むことはなかっただろうと今でも思います。

独立後もしばらくは企業の仕事をしていましたが、自分が身をもって易に助けられたこと、また周囲の友人知人にも同じような感想や口コミをいただけたことを機に、易者・風水師としての活動をスタートさせました。

【2020年春 卍易風水師の免許取得】

略歴

大学卒業後、メーカー(一部上場)、NPO、創業20年のオーナー企業など、経営企画を中心に13年。
働きながらMBA取得。
その後、子育てを機に独立。

2020年6月
易と卍易風水の〈花卜宙〉を開業

2021年10月
師範として卍易風水講座を主宰

プライベートでは一児の母。
大阪出身、東京在住。

個人セッションはこちら

こちらもCHECK

2022年・年運セッションのご案内〈2022年1月まで〉

早いもので2021年も暮れが近づいてまいりました。 昨年に続き、この一年もまた時々刻々と変化する情勢をみながら、慎重に歩みをすすめられた方も多いのではないでしょうか。 さて、昨年はSNSのみでの告知で ...

続きを見る

© 2021 卍易風水 | 花卜宙 Hirano Mao