卍易風水とは

卍易風水(まんじえきふうすい)とは

ご相談ごとの吉凶を明らかにし、その成就に追い風を吹かせるための風水術

です。

卍易とは中国古来の占術で、どんな物事の吉凶をも明らかにする、断易の一流派です。

易占の原典は現代の帝王学、東洋最古の哲学書とも呼ばれる「易経」です。

易経の別名は「変化の書」(英訳 "The Book of Changes" )、時の変化の原理原則が書かれています。「時」を知り、変化の法則に従い「兆し」をとらえることができれば、出処進退は自ずと明らかになるだろうことを教えてくれる書物です。

易のセッションでは、吉凶だけではなくご自身の意識や行動、心の偏りなども読み取ります。最も障害となっていることが明らかになるため、セッション終了後、すぐに行動に移していただけることが特徴です。

そして、吉の結果にはその形勢にはさらなる追い風を、凶の結果にはこの向かい風を弱め、自らの行動を力強く応援する風水術をお伝えします。一般的に知られている風水とは異なり、鑑定結果をもとに処方するオーダーメイドの風水術のため、その効果も顕著に現れます。

ご相談内容は、事業全般に関することから事務所の移転、新居の購入/売却、パートナーシップ(結婚・離婚)、妊活など多岐にわたり、比較的大きなご相談ごとが持ち込まれることも多くなります。

易の本来の役割とは

易の役割とは何なのか?

私は「最短で目的や目標を達成するための羅針盤」ではないかと考えています。

易は今の自分の延長線上にある未来を映し出す、いわば”自分自身の鏡”です。

意識や行動の偏り、思い込みなど、自分だけではなかなか気づけない癖に気づかせ、解決のための道筋を的確に示してくれます。

風水の役割

吉凶は、このまま何もせず進んだ場合の結果であり見通しです。このため自分の行動が変われば、その結果ももちろん変わっていきます。

ですが、現実には自分の思考や心の”パターン”、環境に起因することなど、簡単には変えられないこともあるかと思います。そんな自分の頑張りだけでは難しいと感じるとき、その変化を加速させる担い手が「風水」です。

風水はそれ自体がご利益や救済を運ぶわけではありません。

意識と行動の主体である自分の頑張りを応援する、いわば”御守り”のようなものです。実際に行動することが伴ってはじめて、追い風としてその効果が発揮されるようになります。

ご自身の志や願いの実現のために、目の前の現実を変えていきたい、そんな意思ある方がお使いいただけるもの、それが卍易風水です。

個人セッションはこちら

© 2021 卍易風水 | 花卜宙 Hirano Mao